教育機関を選ぶなら人気の個別指導を選ぼう

通う時期

集団塾や個別指導塾など学習塾は様々ありますが、塾に入るためには料金を支払う必要があります。 その料金は決して安いものではありません。 大手の塾、個人で行っている塾かでも料金は変わってきますし、集団塾か個別指導塾かによっても変わってきます。 基本的に進学塾の方が料金は高く、それ以外の塾の方が安い傾向にあります。 よく広告で安い料金を掲載している塾がありますが、塾に通うためには広告に掲載されている金額だけではないということを知っておいた方が良いです。 他にも様々な費用がかかります。 授業料の他にも、講習にかかる費用、合宿費用、テキスト代などたくさんの費用があるということを理解しておくトラブルも防げます。 個別指導塾などの学習塾に通うのは基本的に学生の時期です。 小学生、中学生、高校生という学生の時期がありますが、どの時期に学習塾に入る人が多いのか、ということについて説明していきます。 小学生で塾に通う子供は少ないと思われがちですが、小学6年生なると3割という子供が塾に通っています。 中学生になると高校受験が控えているので、塾に通う数も増え1年生では4割以上、3年生になると60パーセント以上とほとんどの中学生が塾にかよっています。 高校生になると中学の時の学習よりも深くなるので、授業に集中していないと学力は一気に落ちてしまいます。そんな時には個別指導塾が最適です。集中力が何より大切な時期、先生が生徒につきっきりというのはとても理想的と言えるのではないでしょうか。